肌荒れの原因と対策

その肌荒れ、セラミド不足かも?

季節の変わり目に肌荒れを起こす、敏感肌で何をつけても良くならないという方は、お肌のバリア機能が低下していることが考えられます。

 

セラミドは細胞間脂質と言われて、お肌の水分の大半を占める成分です。

 

これには水分と油分が含まれていて、細胞の間でスポンジのような役割をしています。

 

セラミドが不足することから、本来ならお肌を守るバリアが正しく機能していないということが考えられます。

 

では、セラミド不足にはどうしたらいいのでしょうか。

 

保湿をする化粧品にはセラミドが含まれているものも多いですし、サプリメントで体の中から整えることもできます。

 

敏感なお肌で何をつけても合わないという人は、ベビー用の保湿クリームなどもお勧めできます。

 

低刺激ですし、お肌を守るためのセラミドを含むクリームが多く販売されています。

 

食生活から肌荒れ対策

生活の中で一番大切なのは食生活です。バランス良く食べて栄養を十分に摂ればいいのは分かっていますが、忙しくて無理、一人暮らしなので外食が多いという人も多いですよね。

 

たくさん食べればいいわけではなくて、バランス良く食べて、余分なものをしっかり排出する、つまりデトックスできる体であることが大事です。

 

肌荒れを治すには、腸内環境を整えることが大切です。整腸効果がある食品で、ぱっと思いつくのは乳酸菌ですね。

 

毎日の生活に1つプラスするならヨーグルト、青汁、スムージーのようなドリンクです。乳酸菌とビタミンをバランス良く摂れば、お肌にも効果的です。

 

保存に便利な粉末タイプなら溶かして好きな時に飲めますし、サプリメントも利用できます。

 

体の毒だしが進めば、お肌も自然と良くなってきますよ。