敏感肌のための睡眠と食べ物

しっかりと睡眠を取りましょう

敏感肌の原因は、仕事などのストレスや、日頃あまりちゃんとした睡眠を取っていないことなどがあります。

 

不規則な生活をして、体にストレスを溜め続けてしまうと、体の血流が悪くなって、肌に届くはずの栄養が不足してしまいます。

 

肌を外の刺激から守ってくれる角層の機能が弱まることで、結果として、少しの刺激で痒みなどを引き起こす敏感肌になってしまいます。

 

睡眠というものは、肌の新陳代謝を行うために必要なものです。

 

気を付けたいのは、ただたくさん寝ることが良いのかというと、そうではありません。肌には、22時から2時まで、ゴールデンタイムというものがあります。

 

この時間に取る睡眠は、肌にとって質の高いものです。ゴールデンタイムの間に、出来るだけ睡眠を取るようにして、敏感肌を改善しましょう。

 

敏感肌には食生活も大事です

敏感肌を改善するためには、どのような食生活で日々の生活を送っていくのかも大事なことです。

 

脂の多い肉や、お米や麺類ばかり食べていると、肌が求める栄養が十分に足りなくなってしまいます。

 

お酒を飲む場合、少しの量や適量ならば問題はありませんが、アルコールを分解する時には、体内の水分が使われています。

 

飲み過ぎてしまうと、体の中の水分が減っていき、肌の乾燥の原因にも繋がるので注意しましょう。

 

肌の状態を整えるには、ビタミンが重要です。カボチャやほうれん草などの、緑黄色野菜をしっかり食べて、肌のためにビタミンを摂りましょう。

 

ビタミンは大事ですが、野菜ばかり食べるのではなく、バランスの良い食生活で敏感肌を改善しましょう。