敏感肌と腸の関係

敏感肌とはどんなものか


敏感肌と一括りしますが、その実どんなものか分かっていない場合も多々あると思います。

 

敏感肌の定義は様々ですが、よく言われるのが何もしていない、とりたてて原因も見当たらないのに肌荒れが酷いとか
アレルギーのように赤くなったり吹き出物が出てしまうということです。

 

原因も断定できるほどではないので、大雑把に敏感肌と呼んでいる人が多いようです。

 

じつは腸に問題があるのかも

この敏感肌ですが、腸に問題があるのかもしれません。

 

腸内に悪玉菌と呼ばれるものが増えていくと、肌に異変が現れることがあります。

 

本来腸内には、善玉菌という強い味方がいるはずでしたが、生活習慣
が乱れると、途端に悪玉菌が優勢になってしまいます。

 

そうすると活性酸素の影響で体中が錆び付いたようになり、肌もくすんだり、痛みを
感じるようになったり、吹き出物が出るようになります。

 

特定の食べ物や物に、心当たりがないのなら、アレルギーではなくて腸内環境が悪化したことによる、敏感肌を疑ってみたほうがいいかもしれません

 

腸内環境を良くする方法

腸が原因の敏感肌から、脱却するには腸の中に善玉菌を優勢にして増やす必要があります。

 

ビオフェルミンのような生きたまま腸に届く乳酸菌もいいですし、日頃からヨーグルトを食べるのもおすすめします。

 

またなによりも良いのは野菜を食べることです。
食物繊維が、腸の働きを活性化させてくれます。すると便と一緒に悪玉菌も排出してくれます。