敏感肌の原因は?

角質層の状態に注意

敏感肌にお悩みの方は多いと思いますが、そもそもの仕組みとしては皮膚の一番外側にバリアとして存在している角質層が関係しています。

 

この角質層は外部刺激から肌を守る働きをしているのですが、敏感肌というのはこの角質層が持っている水分保持力が弱まっている状態となり発生します。

 

この要因が人により様々です。

 

花粉は現代敏感肌の大敵!

最も多い要因とされているのが、アレルギー物質を体内に取り込んでしまう事です。

 

食品・ハウスダスト・大気汚染などですが、近年で特に気をつけなければならないのが花粉です。

 

強いアレルギー反応を起こす方が多いのはよくご存知かと思いますが、その症状はくしゃみや鼻水といったものばかりが知られています。

 

ですが、実は花粉によるアレルギー反応によって、角質層が弱まり外部刺激に耐えられなくなってしまいます。

 

花粉を吸い込まない・肌に付着しないようにするのは外出の際は不可能に近いです。

 

マスク・眼鏡などで対応可能であれば良いのですが、あまりにも症状のひどい方はこの時期に外出する機会を減らすという対応も必要です。

 

疲れ・ストレスを解消し続ける

外的要因だけでなく、体の内面・精神状態にも目を向ける必要があります。

 

風邪をひくほど体力が低下している状態・睡眠不足・また日々のストレスによるホルモンバランスの乱れも大きく影響します。

 

生活サイクルがバラバラだったり、不摂生も当然要因となりえます。

 

これらについては「ストレスを溜めない、自分なりの解消の方法を持つ」「規則正しい生活を心がける」という事に気を付けてみて下さい。

 

これらの要因の影響は徐々にやってくるもので、体に溜まった疲れには気付きにくい場合もあります。

 

健康な肌の状態だったのが、急に敏感肌の症状が出てしまう方もいるくらいです。

 

健全な生活が出来ているのかどうか、注意が必要です。

 

ご自身にとって何が一番の要因なのかを特定すべき

他にも食品やハウスダストなど様々な要因があります。

 

しかし、何が一番悪い要因となってしまっているのかは人によって千差万別です。

 

皮膚科でのアレルギーチェックなどで、一度ご自身にとって何が敏感肌の最大の原因になっているかを調べてみる事が必要です。

 

的確にその要因を消して行く事が出来れば、敏感肌の改善は可能です。

 

是非お試し下さい。